FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇場型遊戯

劇場型犯罪という言葉が一世を風靡したことはあるが、劇場型遊戯という言葉はいかがだろうか。

勿論、私が勝手にこしらえた造語である。その日、私達が行った遊戯は、まさにそんな言葉が相応しい。

その女性とは数年前、ハプニングバーへ引率して以来、お会いしていなかったが、いきなり連絡をいただいた。地方都市に住む30代の会社員で、仕事の関係で、上京するから、久しぶりに遊びたいという。

彼女からのメッセージには痴漢プレイや監禁&拘束プレイなどをしてみたいとあった。具体的なシチエ―ションも付記されている。曰く、目隠し、口枷、手枷をされ、目と口と手の自由を奪われ、次々と男性に襲われたい。監禁、拘束される――まるでクライム・サスペンスやフィルム・ノワールようだ。


私自身、そんな女性の願望や妄想を実現することを喜びにしている。セックス・ファンタジスタを自認もしている。それゆえ、課題が与えられたら、シナリオを書き、キャストを決め、ドラマを仕上げることは楽しくて仕方ない。悪だくみほど、胸騒ぎし、心躍るものはないだろう。

まず、痴漢プレイだが、鉄道や公園などの公共の機関や場所は、当然の如く、危険と考え、候補から外す。痴漢冤罪事件を含め、痴漢に関して、マニアが安全に安心して、楽しめる状況ではなくなっている。そんな状況を踏まえ、ポルノ映画館での痴漢プレイに変更させていただく。

実は痴漢プレイのメッカとされているポルノ映画館がある。以前、同じような依頼を受け、利用したところだが、マニアの巣窟、メッカのようなところだ。同所へ訪れるカップルの大半は露出や痴漢プレイを趣味として、同映画館に来ている男性は、そんなカップルの受け皿になっている。暗黙のルールやマナーなども出来ていて、紳士的な対応をしなければならないのだ。当然の如く、痴漢という変質者の犯罪ではなく、痴漢プレイという変態の遊びである。事件や事故があってはならないのだ。

ポルノ映画館の近くで待ち合わせしたその女性は、元々、どこか、竹久夢二の画集に出てきそうな風情のある方だったが、時を経て、より色香が増したようだ。ある種の儚さも身につける。どこか大正浪漫的なレトロな佇まいながら、恰好は心得たもので、スカートに網タイツを穿いている。

同映画館、カップル料金という設定もあり、入場料も随分と格安になる。単独より、カップルの入場料が安い、まるでハプバーのようだ。

入口を入り、ロビーへ行くと、上映中にも関わらず、数名の男性が屯していた。途端に視線を感じる。獲物を狙う、獣のようである。私達が中に入ると、追いかけるのを背中に感じる。敢えて、女性の横を空けて客席に着くと、いきなり男性が「いいですか?」と話しかけ、女性の横に座ってくる。

かなり高齢の強面の男性で、その場の仕切り役という佇まいだが、流石、性急すぎる。彼女にも心の準備が必要である。やんわりお断りすると、あっさりと席をどいてくれた。

私も呼吸を整えつつ、女性のスカートの中へ手を忍ばす。そんなことを繰り返すうちに中高年だが、優しそうな男性が女性の横に座る。声には出さないものの、何をすればいいかわかっているらしい。私はアイコンタクトで、その男性を受け入れ、プレイに加わっていただく。

二人の男性に挟まれ、弄られて、声は上げないものの、息は上がり、吐息を漏らす。スクリーンではAVとは違うピンク映画的な映像が流れるが、実際、ストーリーなどを追っている時間はない。集中である。

そんなことをしているうちに、回りも異変(!?)に気付いたのか、私達の席に男性が寄ってくる。露骨に覗き込むような真似はせず、遠巻きに様子を伺うようにしている。

傍観者の中から参加者として加わろうというものが出てくる。私に了解を求めるが、ご遠慮いただく。これ以上、続けると、人が集まり過ぎ、パニックになる可能性もある。

勿論、過去に同映画館でそのような騒乱などはないが、そろそろ潮時と見て、その女性を促し、映画館を出ることにする。

外へ出ても顔は上気し、動悸は激しく、足元もおぼつかない。わずか、30分ほどだが、ぎりぎり合法の痴漢プレイを堪能していただく。監禁&拘束プレイの会場までは電車移動だが、勿論、電車内では何もすることなく、おとなしく過ごす(笑)。


第2会場(!?)は最近できたばかりのデザイナーズ・ホテル。大人数になるので、少し広めの部屋を取っていた。チェックインし、部屋に入り、少し落ち着いてもらい、汗ばんだ身体を鎮めるため、シャワーを浴びていただく。暫くしたところで、今回のイベントマスターを部屋へ招きいれ、その女性に紹介する。

美しい緊縛を得意とし、日頃から拘束、調教などを手掛ける、この世界の達人である。私との親交も10年以上になる。信頼すべき仲間達のひとりだ。温厚な顔立ちとは裏腹にかなりえぐいこともする。今回のシナリオには、欠かすことのできないキャスト。彼の参加が決まったことで、私の絵図も具体的に描けるというもの。

ちょっと落ち着いたところで、イベントマスターがその女性を目隠しして、まったく見えない状態にする。すると手枷して、麻縄で結び、手の動きを奪い、口枷で言葉を奪う。ひとしきり、愛撫や言葉の責めで、興奮を高めていく。準備(!?)が整ったところで、私はある男性を招き入れる。部屋にはいることを悟られないように部屋の前で待機してもらい、こっそりと入れて、シャワーを浴びていただく。その女性には特に男性が入室したことを知らせず、プレイに加わってもらう。いきなり見ず知らずの男性が入ってきて、その女性を襲う。

さらに1時間ほど経過した後、同じような手順で、新たな男性を招き入れ、シャワーを浴びてもらい、プレイに加わっていただく。また、見ず知らずの男性が入ってきて、襲われてしまう。勿論、女性の目隠しはしたまま、無間地獄のような責めを続け、女性は歓喜と喜悦の雄叫びを上げ続ける。

私といえば、まだ、やることがある。準備に追われていた。さらに1時間後、日が変わる頃、新たな男性を同じ手順でこっそりと招き入れる。いくら広めの部屋とはいえ、かなり窮屈さを感じてくる。

その男性にもシャワーを浴びていただき、プレイに加わっていただく。ある程度したところで、責めの手を休める。目隠し、手枷、口枷のまま、長時間を過ごす。流石、疲労困憊もしてくる。口枷、手枷の順番で、拘束を解いていく。まだ、目隠しはしたままだ。

ベッドの端に腰かけていただき、目隠しを取ると、目の前には3本の赤い蝋燭の火が揺れるバースデイ・ケーキが用意され、いままで誰かわからず、顔を見てもいなかった者達がいきなりバースディ・ソングを歌いだす。歌を終えると、蝋燭の火を吹き消していただくのだが、突然のことに驚き、その女性もまだ意味わからずという感じで、茫然としている。

いきなりのバースディ・パーティ、実は彼女のメッセージにはこの日が誕生日、だからこそ、思い切り遊びたいから、贅沢(!?)な希望を出したとあった。おそらく、その女性には想定外だったと思うが、私達は“サプライズ”は嫌いではない。

漸く事の次第がわかったらしく、やっと実感がわき、参加した男性に改めて初対面の挨拶とともに感謝を告げる。

作戦成功!という感じではある。勿論、私達の仕掛けはこれだけではない。夜はまだ半ば、その遊戯は朝まで続く。その詳細を綴ることは、またの機会にさせていただく。

種明かしをしたら、次に体験するあなたにとって、サプライズではなくなってしまう。私達は、女性の願望や妄想を実現するために努力は厭わない。そのための経験と人脈もある。任せていただきたい。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2014/10/28(火) 16:10:29|
  2. activity
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。